破産宣告によるデメリット・メリット※正しい知識で失敗しない!

破産宣告によるデメリット・メリット※正しい知識で失敗しない!

破産宣告によるデメリット・メリット※正しい知識で失敗しない!

借金は順調に返済していくことが理想ですが、何らかの理由でその返済が順調に行えなくなってしまう場合もあります。

どんなに努力してもやはり返済が厳しいという場合は破産宣告を受けるという方法もあります。
これは自己破産を行うのに必要なもので、裁判所に申請して手続きを行い、破産宣告を受けることで自己破産を行えるようになります。

破産宣告を受けるとすべての借金の返済を免除され、借金の悩みから解放されることとなります。

借金がなくなるのは最大のメリットと言えますが、債務整理はメリットばかりではなく、デメリットもあるものです。
後で後悔することのないように、まずはそのデメリットについてよく理解しておきましょう。

自己破産をすると借金の支払いはしなくてよくなりますが、そのかわり一定の財産は失うこととなってしまいます。
土地や住宅、別荘などの財産を持っている場合はそれをすべて手放さなくてはいけなくなります。

さらに99万円を越える現金や20万円を越える預貯金や株券なども失うこととなりますし、自動車を持っている場合はそれも失うこととなります。

生活に必要な家財などは残されることとなりますが、それなりのデメリットはある方法です。
そして、資格や職業の制限があり、弁護士や警備員、税理士などな免責がおりるまではその職業につくことができません。

そのほかでは、破産したという記録は信用情報に掲載されることとなり、当分の間はクレジットカードを作ったり、新たに借入をすることは難しくなります。